TOPICS

トピックス

2021年4月【eInfochips】次世代IoTソリューション向けのネットワークエッジでのAI対応カメラ

動きの速いハイテク市場では、製品開発者はニッチな最先端のソリューションを可能にする
ビルディングブロックとフレームワークを探しています。同時に、手頃な価格で拡張性がある最新の標準に
準拠した製品を設計しようとしています。

これまで、人工知能(AI)技術がデータセンターに導入され、利用可能な計算能力を活用してプロセッサを
要求するタスクを実行していました。クラウドの採用により、AIはソフトウェアに移行し、ネットワークの
外部にも移行しました。迅速な対応とクラウド上のデータ過負荷の軽減のために、
IoTソリューションプロバイダーは、エンドポイント、ゲートウェイ、その他のデバイスにAI技術を
導入しています。AIアルゴリズムの推論とトレーニングは、トレーニングされたモデルがエッジノードに置かれ、
バックエンドで行われます。

これまで、AI / マシンラーニングおよびコンピュータービジョンシステムは、非常に複雑かつ強力であり、
大量のメモリを備えていると認識されていました。厳しいBOMとコストの制約により、これらのテクノロジーを
大量のコストにシビアなIoTエッジデバイスに展開することは難しかったです。しかし、クラウドベースの
ソリューションとマルチコアの低電力SoCがそれを可能にしました。ビジョンベースのコネクテッド
ソリューションに関して言えば、スマートカメラは重要なコンポーネントの1つです。IP接続、高度な
データ分析、人工知能を備えたスマートカメラは、モノのインターネット(IoT)の革新とその
アプリケーションの革新を推進します。

[いくつかのユースケース]

  • ・ドライバー行動分析:テキストメッセージ、飲食、電話での会話、後ろに手を伸ばすなどの異常な行動による気晴らしの事象を検出するためのドライバーの行動評価。定期的な事象のアラートと通知を行い、ドライバーのスコアカードを生成。
  • ・カートアイテムを特定することによる小売店向けのインテリジェントな精算ソリューション。小売店の在庫管理と監視。
  • ・トラックのゴミ箱の汚染を推定するスマートシティ。アイテム(紙、段ボール、発泡スチロール、プラスチック、金属スクラップ)を特定して、ごみの分類と廃棄の生産性を向上。
  • ・製造工場向けのビジョンベースの不良品監視ソリューション
  • ・キッチン家電用のスマートHMI – 食品の検出、認識、および活動追跡のためのコンピュータービジョン。家電機器にコマンドを発行するための音声アシスタントの自然言語処理。

[AI対応のビジョンベースのIoTソリューションを設計する際のキーとなる技術項目]

  • ・高い計算能力を備えた組み込みプラットフォーム。消費電力、コスト、精度、および柔軟性の間のトレードオフ
  • ・カメラセンサー、ハイエンドビデオ処理、エッジでのビデオ分析
  • ・リモート監視、制御、アップグレードのための複数の接続オプション
  • ・コンピューティング、ネットワーキング、ストレージのバランスを取り、AIワークロードに最適なパフォーマンスを提供します
  • ・セキュリティの脆弱性:機密データを保護する

AIベースのIoTソリューションを実現するために、eInfochipsはQualcomm® QCS610システムオンチップ
(SoC)を搭載した開発キットを発売しました。QCS610 SoCは、ビジュアルインテリジェンスプラット
フォームシリーズの一つであり、コンシューマーおよびエンタープライズIoT分野のスマートカメラ
アプリケーションを対象としています。このオクタコアSoCは、高品質の画像とビデオを処理し、
低消費電力で複数の機械学習モデルを同時に実行するために必要なヘテロジニアスコンピューティングを
提供します。Qualcomm Neural Processing SDKは、開発者がSnapdragonを搭載したデバイスで
トレーニングされたニューラルネットワークのパフォーマンスを最適化する際の時間と労力を
節約するのに役立ちます。モデルの変換と実行のためのツールと、必要なユーザーエクスペリエンスに
一致するパワーとパフォーマンスプロファイルでコアをターゲットにするためのAPIを提供します。

eInfochipsは、QCS610開発キットに基づいたリファレンスデザインも開発しました。
このリファレンスデザインは、開発キットと、実績のあるテスト済みの機能セットを備えた
カスタマイズ可能なカメラフレームワークを組み合わせたものです。このソリューションにより、
オリジナルデザインメーカー(ODM)とアプリケーション開発者は、すばやくプロトタイピングと
ベンチマークを行うことができます。
このフレームワークは、複数のストリーム、解像度、フレームレート、およびビットレートをさまざまな
組み合わせでサポートするように設計されており、特定のシナリオ用のカスタマイズを可能にします。

eInfochipsは、Qualcomm Vision Intelligence Platformのエッジコンピューティングパワーと
MicrosoftのAzure Machine LearningおよびAzure IoT Edgeサービスを組み合わせたAI Vision
キットもサポートしています。
このキットは、Qualcomm Artificial Intelligence(AI)エンジンを搭載しており、Azure
Machine LearningおよびAzure IoT Edgeと組み合わせてデバイス上の推論を可能にします。
視覚的な欠陥検出、オブジェクト認識、オブジェクト分類、モーション検出などのユースケースは、
Microsoft Azureでトレーニングされたモデルを使用して、Vision AI Developer Kitで簡単に
開発および展開できるため、24時間365日のオフライン機能が中断されません。

eInfochipsは、小売業向けインテリジェント精算アシスタントのユースケースを開発しました。
Azure Machine Learningを使用してオブジェクト認識モデルを展開しました。これにより、
カートのコンテンツが認識され、すべてのアイテムがクラウドアプリケーションを介してPOS端末に
自動的に入力されます。

キットに加えて、eInfochipsは、製品設計における20年以上の経験を活用して、設計、開発、
および製造サービスも提供します。
eInfochipsは、社内の最先端の画像調整ラボを活用して、30以上のカメラデザインを設計しました。
eInfochipsは、最新のAIフレームワークとツール(Tensorflow、OpenCV、Python、Caffee、Keras)
の経験も持ち合わせています。
詳細の御説明を御希望のお客様は、下記の「お問い合せはこちら」よりお問合せください。

2016y02m19d_112136818

RECRUIT

一緒に働ける仲間を募集中!

半導体流通市場も大きく広がっていき、さらに成長を続けています。
自分の能力を存分に発揮したいという方、
エレクトロニクス分野で活躍したい方 企業家・事業化精神に
あふれた方、想いにお応えできるフィールドがあります。

CONTACT US

製品に関するお問合せ

製品の他にも、サービスに関する事、PRに関するご質問等、
承っております。みなさまからのお問合せについては、
以下の窓口よりお受けしております。
お気軽にご連絡ください。

EMAIL NEWS

Eメールニュース購読者募集中!

新規取扱い製品や新製品など、アロー・エレクトロニクス・ジャパン株式会社の最新情報をお届け!

pageTop

© 2017 Arrow Electronics Japan KK. All Rights Reserved