TOPICS

トピックス

2022年1月【TE】TE Connectivityのリレーは、前例のない水星へのミッションに搭載 堅牢で高信頼性高電圧リレーKILOVAC K41Rは、歴史的なBepiColombo宇宙船で使用

接続およびセンサの世界的なリーダーであるTE Connectivity
(NYSE:TEL、本社:スイス、シャフハウゼン;以下「TE」)の小型製品が、
BepiColombo(ベピコロンボ)宇宙船の欠かすことのできない部品として
10月1日に水星フライバイを行いました。 2018年に開始されたBepiColombo
計画は、欧州宇宙機関 (ESA)と宇宙航空研究開発機構 (JAXA)の
共同ミッションであり、太陽系で最も小さく、最も探査がされていない
地球型惑星へ、7年間の惑星間飛行を行うものです。 この探査では水星を
調査し、より深く理解するという使命があります。 科学ミッションには
2つの惑星探査機である、水星表面探査機と水星磁気圏探査機が含まれます。
両探査機とも水星移動モジュール(軌道間輸送機)によって地球から
水星軌道に運ばれます。そのモジュールには、TEのKILOVAC K41Rという
堅牢且つ高信頼性高電圧リレーが使われた高出力電気推進システムが搭載
されています。

KILOVACのリレーは、1970年代に月面着陸装置に初めて搭載されて以来、
40年以上にわたって宇宙アプリケーションで使用されてきました。
現在、国際宇宙ステーションやNASAの火星探査「キュリオシティ・ローバー」、
さらには宇宙衛星などにも幅広く使用されています。

TEのAerospace, Defense & Marineシステム・アーキテクチャの
シニアマネージャーであるKarl Kittsは次のように述べています。
「KILOVACリレーは、宇宙ミッションやアプリケーションでの信頼性が
実証されている長い歴史を持っています。 広範なテストをすることにより、
リレーのアプリケーションへの適合性に高い信頼性がもたらされました。
また、長年にわたってリレーを使用してきた多くのエンジニアにとって、
KILOVACリレーは最も厳しい環境下での堅牢な信頼性の代名詞と
なっています。」

KILOVAC K41R高電圧リレーは、真空誘電体を使用することで、
長さ2.5インチ、重さ1オンスのコンパクトサイズを実現しました。
機械的寿命は100万回、動作速度は6ミリ秒と高速で、宇宙用
アプリケーションに適した信頼性の高いソリューションとなっています。
高電圧リレーは、宇宙船の姿勢、方向、速度を制御するための電気推進に
必要な低電圧と高電圧の電力分配に重要な役割を果たしています。

TE のAerospace, Defense & Marineのプログラムマネージャーである
Peter Kohlmeierは、次のように述べています。「これらのリレーは、
高電圧を扱いながら宇宙環境の過酷な条件で動作することができるため、
BepiColombo宇宙船のようなミッションに特に適しています。過酷な
環境下での性能、信頼性、安全性は、宇宙産業を担う方々にとって
非常に重要な優先事項であり、TEはこれらの優先事項に沿った
エンジニアリングの専門知識を持っています」。

BepiColombo宇宙船ミッションは、イタリアの数学者・技術者である
Giuseppe (Bepi) Colombo(ジュゼッペ(ベピ)・コロンボ)氏に
ちなんで命名されました。計6回のフライバイイベントを経て、
2025年12月5日までに水星に到着する予定であり、水星に到着する
ミッションとして3番目となります。

2016y02m19d_112136818

RECRUIT

一緒に働ける仲間を募集中!

半導体流通市場も大きく広がっていき、さらに成長を続けています。
自分の能力を存分に発揮したいという方、
エレクトロニクス分野で活躍したい方 企業家・事業化精神に
あふれた方、想いにお応えできるフィールドがあります。

CONTACT US

製品に関するお問合せ

製品の他にも、サービスに関する事、PRに関するご質問等、
承っております。みなさまからのお問合せについては、
以下の窓口よりお受けしております。
お気軽にご連絡ください。

EMAIL NEWS

Eメールニュース購読者募集中!

新規取扱い製品や新製品など、アロー・エレクトロニクス・ジャパン株式会社の最新情報をお届け!

pageTop

© 2017 Arrow Electronics Japan KK. All Rights Reserved