TOPICS

トピックス

2021年11月【ams】新しいレベルのインタラクション – ams OSRAMが、3Dジェスチャー認識用VCSELポートフォリオを拡大

オーストリア、プレムスタッテン発– 光学ソリューションのグローバル
リーダーであるams OSRAM(SIX:AMS)は、4つの新しいVCSELモジュール
で3Dセンシングのポートフォリオを拡充します。3Dセンシング技術を
利用したアプリケーションは、ロボットが衝突回避のために周囲の環境を
検知することから、顔認識によるスマートフォンのロック解除まで、
増加し続けています。しかし、3Dセンシングは、拡張現実(AR)/
仮想現実(VR)グラスにおいても重要な役割を果たしています。
ams OSRAMのBidos P2433 Qをはじめとするコンポーネントを使用する
ことで、さまざまなジェスチャーを確実にキャプチャし、ユーザーと
AR/VRグラス間のインタラクションを新たなレベルに引き上げることが
できます。また、小型パッケージがお客様の設計自由度を高めます。

拡張現実(AR)や仮想現実(VR)、その他3Dワールド
フェーシングアプリケーションでは、最高のユーザーエクスペリエンスと
小型・軽量化の両立が求められています。3Dセンシング市場において、
垂直共振器面発光レーザ(VCSEL)は、その優れたビーム品質、コスト効率、
シンプルな設計により、大きな影響力があります。「Bidosファミリーの
拡充により、所定の出力レベルと照射領域において、3Dアプリケーション
向けの市場で最小のVCSELパッケージの1つを提供します」と、ams OSRAMの
プロダクトマネージャーであるSimon Gubserは語っています。
「また、適したエミッタとフォトダイオードを1つのコンパクトなモジュール
に集積化することで、お客様の設置に伴う労力を大幅に軽減しています」。

Bidos P2433 Qは、2つの異なる照射領域と2つの出力レベルを含む4つの
異なるバージョンで提供されます。VCSELをベースとしたモジュールの
サイズは3.3mm x 2.4mmで、シーンを均一に照明する必要がある
ToF(Time-of-Flight)計測を用いた3Dセンシングアプリケーションに
適しています。940nmの波長により、モジュールはすべて人間の目にフリッカ
として認識される赤色光の影響も受けません。

6.5Wの高出力モジュール2つは、デュアルジャンクションVCSELを採用しており、
最大45%の高効率を実現しています。さらに、目の安全のための特別な保護機構
として、フォトダイオードモニタリングシステムがモジュールに
組み込まれています。光学系の損傷などにより、光の入射状態の変化を
フォトダイオードが検知すると、VCSELへの電流供給が遮断されます。

4つの新モジュールは、3Dジェスチャー認識以外にも、産業用ロボットの
障害物回避やバーチャルフェンス、スマートドアロック、POS端末の
3D顔認証システムなどへの応用が可能です。

2016y02m19d_112136818

RECRUIT

一緒に働ける仲間を募集中!

半導体流通市場も大きく広がっていき、さらに成長を続けています。
自分の能力を存分に発揮したいという方、
エレクトロニクス分野で活躍したい方 企業家・事業化精神に
あふれた方、想いにお応えできるフィールドがあります。

CONTACT US

製品に関するお問合せ

製品の他にも、サービスに関する事、PRに関するご質問等、
承っております。みなさまからのお問合せについては、
以下の窓口よりお受けしております。
お気軽にご連絡ください。

EMAIL NEWS

Eメールニュース購読者募集中!

新規取扱い製品や新製品など、アロー・エレクトロニクス・ジャパン株式会社の最新情報をお届け!

pageTop

© 2017 Arrow Electronics Japan KK. All Rights Reserved